ブリアン歯磨きにデメリットはある?

虫歯の原因となるミュータンス菌を除去し、栄養源となる歯垢を取り除く働きを持った世界初の虫歯菌除去成分「BLIS M18」が配合された子ども用歯磨き粉であるブリアンは、多くの使用者から高い虫歯予防効果が口コミなどでも評価されています。
子どもの頃に虫歯になりやすい口腔環境になってしまうと、大人になっても虫歯の悩みを抱えやすくなってしまうことから、昨今は子どもの虫歯予防を重要と考え、ブリアン歯磨き粉の多くのメリットに惹かれる親御さんも少なくありません。
しかし、どのようなものでもメリットがあればデメリットがあるものですので、ブリアンについてもそれを知っておきたいと考えるのは当然のことでしょう。
では、どのようなデメリットがあるのかというと、まず一番は価格面です。
定期コースでも初回2980円からとなっており、2回目は4980円、3回目以降は10%引きで4500円となっています。
これは歯磨き粉として考えると高額といえるでしょう。
ただし予防歯科での虫歯治療を受けていると考えた場合、それほど高額といえず、家で虫歯が予防ができるメリットの方が大きいともいえるのです。
その他は使用に若干の手間がかかるということです。
ブリアンは市販ではあまり見られない粉状の歯磨きですので慣れていない方も多く、粉をこぼしてしまうこともあり、使用の際に注意を払わなければいけません。
ただ慣れてしまえば、それほど手間に感じることもなくなるため、大きなマイナス点とはいえないでしょう。
このようなことから、ブリアンのデメリットは使用を躊躇うようなものではなく、メリットの方が大きいといえるのです。